読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほにゃらら

SEが語るほにゃらら

書評:いのちの車窓から(星野源)

歌手の星野源が好きで、この本をとってみた。

最近は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が評判になり、その主題歌「恋」が大変な人気である。

 

この本には楽しみ方がいくつかある。

星野源人間性を知ること、芸能界での交友関係を知ること、曲ができる背景など。

 

私が最も興味をもったのは、歌手として、俳優として、分筆家としての星野源の一面を見ることができたことだ。

どの星野源にも共通しているのが、周りの人をよく観察し、大事にし、決してエゴイストにならず、普通の感覚を持っていることだと思う。

だから、どのジャンルでも活躍できるのだろう。(それだけではなく、本人の感性やセンスは多分にあるのだろうが)

今後も星野源のファンとして活躍を期待したい。

 

メモ

# 細野晴臣を聞こう。

# 面白い店員がいる中華料理屋は、表参道の「蓬莱」。今度行ってみよう。

 

いのちの車窓から

いのちの車窓から